グルコサミンって、子供が飲んでも大丈夫

現代の子どもや若者の中には、和式のトイレで用が足せない人が多い、と聞いたことがあります。子どもや若者の関節の可動域(身体の各関節が運動を行なう際の生理的な運動範囲)が狭まってきているのではないか、という懸念もあるようです。遊び盛りの小学生が、膝が痛くて走れないとか、腰が痛くて動けない、なんて、まさかそんなことが?と思いますが、笑い話といわけでもないようです。でも、グルコサミンは、子供や若者は摂取しないほうが良い成分です。グルコサミンで関節や膝の痛みが改善される可能性が高いのは、中高年以降の世代に限られます。もしも、お子さんやお孫さんが関節痛を訴えても、安易にグルコサミンを飲用させず、医師に相談するようにしてください。


不用品回収 大阪

うつ病のカウンセリングを受ける方はコチラまで

大阪市都島区なび

札幌 回転寿司

体育家庭教師のブログ